『ニキビ肌の』日焼け止めの選び方

『ニキビ肌の』日焼け止めの選び方
スポンサーリンク




今回のテーマは

『ニキビ肌の』日焼け止めの選び方

日焼けって言うより
『紫外線』はニキビの原因にもなってるよ!

そのへんの詳しい話しは
『ニキビの原因!』活性酸素とは!?
『意外と知らない?』鼻ニキビの予防法

で紹介してるから、気になる人は読んでみてね♪

今回は、選び方と塗り方も紹介するね♪
_(┐「ε:)_❤_(:3 」∠)_

 

スポンサーリンク




日焼け止めの選び方

ニキビ肌の日焼け止めの選び方 2

にきぜろ
にきぜろ

SPFとかPAとかって、なんなのさ!?

運営者ゆい
ゆい。

OK!下にそっちの説明書いとくね♪

SPFとは?

肌が日に焼ける時間を、
どれだけ遅らせるか?っていう数値。
SPF数値×20分の数字が遅延時間。
例:SPF30×20分=600分 10時間、日焼けの症状が肌に出る事を、遅らせる事ができる。

日焼け止めを塗ってない肌だと
紫外線を受けてから、肌に症状が出てくるのは20分後って言われてるよ!

SPFは日焼けを遅らせる事ができる
ってだけで、日焼けをしないわけではないよ!

 

PAとは?

これは純粋な効き目。
PAの後の『+』が多いほど
効き目が高く、日焼けをしずらい。

どっちの数値も高いほうが
効き目も大きいんだけど、

どっちの数値も高いほうが
肌に刺激を与える危険性も高くなるよ!

 

特にニキビ肌の人は、
・SPFは30未満
・PAは+++まで
・紫外線吸収剤は不使用

の物を選ぶ事がおすすめ♪

 
紫外線吸収剤は、
紫外線を別のエネルギーに変えて
放出する働きがあるけど

その、別のエネルギーに変える段階で
肌に刺激を与えてニキビの原因になるよ!

 
だから、紫外線吸収剤じゃなくて
『紫外線散乱剤』が使われてるのを選んでね♪

とは言っても、『紫外線散乱剤』にも
デメリットがあって、それは

・白浮きしやすい

こっちの対策も紹介していくね♪

 

日焼け止めの塗り方

ニキビ肌の日焼け止めの選び方 3

保湿液が肌に、しっかりなじんだ後に
日焼け止めを塗ることで

白浮きの対策にもなるし
ベースメイクとの、化学反応で
白いボロボロが出るのも、防げたりする
よ!

 
顔は、鼻だったり目の周りで
デコボコしてるから
ムラなく全体的に、塗ることにも気を使ってね♪

 
日焼け止めによっては
薄く塗ると、まったく効果が出ない!
なんて事もあるよ!(; ゚ ロ゚)

 

スポンサーリンク




日焼け止めの塗り足し

ニキビ肌の日焼け止めの選び方 4

塗り直しは、スプレータイプ
ミストタイプがおすすめ♪

 
一般的な塗るタイプはメイクが崩れたり、
逆にメイクを崩さないと効果が出なかったりするよ!

 
スプレータイプや、ミストタイプも
選び方は、塗るタイプと一緒で

・SPFは30未満
・PAは+++まで
・紫外線吸収剤は不使用

でOK!(o・ω´・b)b

 
だけど、顔にしか使えないタイプは
髪に付くと、ベタつく事もあるから
その点は、注意してね♪

 

まとめ

ニキビ肌の日焼け止めの選び方 まとめ

紫外線吸収剤不使用とか
ノンケミカルとか書かれてなくて困った時は、

成分表記に下の成分が
入ってないか確認してみてね♪

紫外線吸収剤の成分名称

・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オキシベンゾン-3
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

覚えるのは多分ムリだから
スクショ必須ね!

カンニング大歓迎!(笑)

今回はここまで♪(*´ω`)ノ゙

 

スポンサーリンク