ビタミンC誘導体メリット&デメリット

ビタミンC誘導体メリット&デメリット
スポンサーリンク




優良美容コスメにも使われていて
美肌効果も高い、美容の王様
『ビタミンC誘導体』

コイツは、かなり有能!
メリットが盛りだくさんだよ♪

 

だけどね…。

デメリットも存在するから
もし、購入を考えてる人がいるなら
デメリットの方も、確認してた方がいいよ!

 
今回は、そんなビタミンC誘導体の
メリット&デメリットの紹介をしていくよ♪

その前に、

にきぜろにきぜろ
ビタミンC誘導体ってなによ!?

と思ってる人のために
簡単にビタミンC誘導体の紹介をするね♪

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体メリット・デメリット 1

食べても飲んでも、美肌効果あり!
しかも超有能!

そんなビタミンCが、肌に塗っても効果が出るように加工されたのが

『ビタミンC誘導体』

 
ビタミンC誘導体には
水に溶けるタイプと
脂で溶けるタイプ
それと両方の性質を、兼ね備えたタイプもあって

肌に最も効果を出すのが
両方の性質を、兼ね備えたヤツだよ♪

 

ビタミンC誘導体のメリット

ビタミンC誘導体のメリット・デメリット 2

コラーゲンの合成を促す事で
シワ予防になるんだよ♪

 
皮脂分泌を整えると
ニキビもできにくくなるし

 
メラニン色素を作る邪魔をすると
シミができにくくなる!

 
抗酸化作用があると
シミ・シワ・ニキビに効果あり♪

 
炎症を抑えるって事は
できたニキビも静めてくれるってことね!

 

ん~控えめに言っても
最強じゃね?笑( *´艸`)

 
と思ってしまうけど
デメリットもちゃんと把握してね

 

ビタミンC誘導体のデメリット

ビタミンC誘導体のメリット・デメリット 3

ビタミンC誘導体が配合されてる
化粧水なんかの、クチコミを見ると

悪いクチコミの代表的なのが

 
『潤いを感じず乾燥した』だよ!

 
ビタミンC誘導体には
そもそも保湿効果が無いから
他の成分がポイントになってくるよ!

 

保湿は『潤い』を満たさないと意味がないから

別アイテムで2段階の保湿が効果的♪

 

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体のメリット・デメリット 4

ちなみに、

・APPS
水にも脂にも溶ける性質

 

・リン酸アスコルビル
水に溶ける性質

 

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
脂に溶ける性質

 

・アスコルビン酸グルコシド
水に溶ける性質

 
そんで、水に溶けるタイプは
即効性が高い反面、浸透力が若干弱い。

 
脂に溶けるタイプは
浸透力が高い反面、即効性が弱い。

 
両方のタイプは
浸透力も即効性も高いけど
値段も高い!(;ωq`)

 

効果の高い順位

ビタミンC誘導体のメリット・デメリット 5

美肌効果が高いAPPS配合のアイテムは

大体4,000円以上するよ…。orz

 

逆に安くて、市販の化粧水によく入ってるのが

アスコルビン酸グルコシド
こっちは1000円くらいかな?

 

あと、濃度の目安なんだけど
・APPS
1%未満

・リン酸アスコルビル
・アスコルビン酸グルコシド

5%未満

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
10%未満

さっきも書いたとおり
高濃度だと、刺激もあるから
濃度にも気をつけてね♪d(‘ェ’*)

 

まとめ

ビタミンC誘導体のメリット・デメリット 6

ピュアビタミンCは、
即効性だけならAPPSも上回るよ!

だけどこっちのデメリットは
日光に弱くて変色するから、朝は使えない事!

夜のスキンケアで使うのがベスト♪

 

一緒に読んでもらいたい記事

ピュアビタミンCのメリット&デメリット

 

今回は、ここまで♪(*´ω`)ノ゙

 

スポンサーリンク